見出し画像

ARとは? MRとの違いは?

こんにちは!
このブログは、「AR(拡張現実)」が当たり前となった時代に向けた「ファッション」についての学習・研究日誌になります。

 前回は、自己紹介とAR×ファッションについての未来のイメージをアニメを通して書いてみましたが、今回は「そもそもARとは?」というところを少し書いていきたいと思います。

・ARとは?
・MRとは?
・ARとMRの違いは?

 ARとは?

 ARとは、「Augmented Reality(オーグメンティッド・リアリティ)」の略称で日本語に訳すと、「拡張現実」といいます。

Wikipediaによると『人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。』となっています。
拡張現実 - Wikipedia

 簡単に言うと、現実世界に仮想空間を重ねて表示することです。以下の動画が大変イメージしやすいので、ご覧ください。

こちらの動画は、デザイナー・映像作家として活動しているKeiichi Matsudaさんが作成したものになります。

ARとは、こちらの映像のように現実の空間に仮想空間や情報を重ねて表示をします。映像内では、現在スマホで行っているようなコミュニケーションやゲーム、情報検索などがすべてAR上で行われています。

 ARについての身近な例では、一昨年世界中で流行した『ポケモンGO』もARアプリです。こちらは、現実世界にポケモンの仮想情報を重ね合わせ、スマホ上で表示するものでした。

今後は、動画のようにグラス型やコンタクトレンズ型デバイスなどに変わっていき、いちいちスマートホンを見ることはせず、ストレスなく情報のやり取りが行われるようになっていくでしょう。


MRとは?

こちらは、Microsoftが提唱するMR(MixedReality:複合現実)についての動画です。MRとは、VR/ARなどすべてを含めて複合現実として捉える考え方です。

動画内では、女性がHoloLensというデバイスを使用してAR上で空間のインテリアを配置しています。行き詰まった彼女は、遠隔にいる同僚からVR上でインスピレーションをもらい、展示空間のデザインを完成さえるというシナリオです。

こちらの映像ようにAR/VRはいずれはシームレスにつながるようになるので、それを統合的にMicrosoftはMRとしてまとめています。


ARとMRの違いは?

AR/MRの定義を考えると、

「現実に情報を表示するだけのもの」:AR
「現実空間にあるものと同様に情報が振る舞うもの」:MR

として定義することありますが、このブログでは現実空間に仮想空間や情報を重ね合わせるものは、すべて「AR」に統一し表記していきます。

またTwitterで毎日、未来のARファッションについて実験やプロトタイピングしたアウトプットを動画でアップしているので、ぜひフォローをお願いします。

一緒に未来のファッションやテクノロジーについてなどお話できると嬉しいです。よろしくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

もっともっと見て良かったと思えるノートになるように頑張ります!
11

AR-Fashion Research

Psychic VR Lab / UX Designer。 ファッションの拡張のためにVR AR MR勉強中。主にFashion × AR/MR/VRについて書いていきます。

Augumented Fashion

「AR(拡張現実)」が当たり前となった時代に向けた「ファッション」についての学習・研究日誌。 ファッションの拡張のためにVR AR MRなどについて考察・実験した記録を残していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。